◆骨盤立ってる?

骨盤を立てて乗るのが基本らしい。
先週の森林公園ではお尻(骨)と腰が痛かったので何とかならないかと思い、Googleでロードバイクのサドル位置などを調べてる内に「骨盤を立てる」という言葉にたどり着いた。
サイクリングにおける前傾姿勢とは、骨盤を立てた状態で背骨をクイっと曲げるとある。

私なんかは、前傾姿勢といえば単純に身体を前に倒せばいいだけだと思ってましたが、それだと腰や股が痛くなるそうな。

骨盤に気を取られると背骨を上手く曲げられなくなり、結果的にはハンドルに手が届かなくなる様な気もする。
う~ん...頭で考えていただけではよく分かりませぬ。

と言う事で、今日は遠出はせず、片道18Kmぐらいの秋ヶ瀬公園(荒川CR)ポタにして、サドル位置を調整しつつ、骨盤を立てる乗り方を試してみました。
新車なんだし、そう簡単にはサドルは買い替えたくないしね。
 【バイクデータ】
 バイクタイム: 2:00:49
 距離 : 47.24 km
 平均 : 時速 23.46 km
 最高スピード : 時速 33.17 km
 登り : 123 メートル
 カロリー : 1320
画像

「骨盤を立てる」・・・おへそを引いて背骨を曲げる。イメージ的にはボディーブローを食らった状態を続ける様な感じかな。まあ、今まで生きてきてボディーブローを食らった事はありませんが...。

画像

そんなに距離は走ってませんが良い感じ。
 お尻(坐骨)は痛くならなかった。
 坐骨の周りの肉がちょっと痛かった。骨盤をたてる事を意識しすぎて筋肉が緊張したかな?
 手(親指と人差し指の間)が痛くなかった。何となく重心が後ろ(サドル側)に移動して手にかかる負担が減った様な気がする。

コレって骨盤立てられたってことかかな~(^-^)/

気を良くしてサドル位置を5mm上げてみる。
画像
 ペダリングが良くなった。
× 坐骨がちょっと痛い。(サドルに当たる様になった)

たった5mmでこうも違うのか!

今日の所はこのままのセッティングで様子をみようと思います。


ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック