赤城山の反省

日曜日の赤城山試走による筋肉痛がやっと収まったところで、冷静に振り返ってみます。

1年前に登った同じような距離の碓氷峠と比べると全然進歩がありません。

■碓氷峠
バイクタイム:1:44:13(休憩含まず)
平均斜度6~7%?
カーブ数:184個

■赤城山
バイクタイム:2:03:02(休憩含まず)
平均斜度6.4%
カーブ数:66個

走った感じでは赤城山の方がキツい感じ。碓氷峠は平坦な場所も結構あるので足を休ませる事ができますが、赤城山はふれあいの森あたりで一瞬斜度が緩くなり楽になるものの、基本上り調子です!
カーブ数の違いも影響しているんでしょうねぇ。

とは言え、今はリアスプロケに禁断の28Tを付けており、また、ホイールもアルテグラWH-6700に替えているので、差し引きゼロじゃないのか?

って事は全然成長が無いという事か!? いや、28Tぐらいじゃ私の貧脚をカバーしきれないのか?
役不足?


であれば…


こんな物を付けちゃいますか。
画像

30T。

もう、ロードバイクという名のマウンテンバイクですな(´Д` )
でも大会規定には抵触しませんので良しとしましょう。

そもそも山のぼりなので良いのか。

それより身体を鍛える方が先決じゃない?

ローディとしてやって良いのか……ブツブツ…。

まぁ、ヤフオクで落札しちゃったので悩んでもしょうがないですね。


それにしても、24Tで激坂を登っちゃう人って凄いなぁ と改めて思います。
トレーニングの仕方が違うんでしょうか。
ブヨブヨな私としては、ロングブレス・ダイエットを珍しく続けてるくらいです。
画像


こんな本も買っちゃったんですが、内容が難しくて最初の5ページで挫折です(´Д` )
画像


大会まで4ヶ月あるので、取り敢えず、もがいてみるつもりです。



人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえると頑張れそう。

この記事へのコメント

2012年05月31日 20:29
科学的トレーニングより、登り
きれば美味しい物が待っている
というイメージトレーニングの
方がイガイガさんに合ってるか
もしれない…笑
はるかぜ
2012年05月31日 22:17
とにかく、山を上るには「軽量化」
山専は、フロントのアウターチェーンリングも外しちゃいます!
車重6㎏台ですからね…

今のデファイ号で山を目指すとなると
(上位を目指すなら)
フレーム重量のリスクは拭えないので
肉体の「減量化」が一番コスパ高いかも~(^_^;)
イガイガ
2012年05月31日 22:44
さすが、だいぼーさん。分かってらっしゃる。
パワーメータやら、ミトコンドリアとか言われても難しくて。。。
イガイガ
2012年05月31日 22:46
さすが、はるかぜさん。分かってらっしゃる。
理想の65Kg目指して、毎日、ロングブレス・ダイエット、腕立て、腹筋をやってます。
2012年05月31日 23:05
30T・・・
ロードバイクコンポーネントとして
リリースしているのですから、全然
使ってもオッケーだと思いますが(^^;
フロント1枚にして、タイヤ・チューブも
軽量タイプにして、完全にヒルクライム仕様
ということでd(´∀`*)
イガイガ
2012年05月31日 23:43
けんぞーさん
はるかぜさんも言われてますが、フロントのアウターチェーンリングを外した状態でも使えるのですか?!
平地ではクルクル回り過ぎて疲れそう(^^;;

ホイールがWH-6700なので、チューブが無いタイプでも言いのでしょうか。
やっぱり軽量化ですかねぇ。

この記事へのトラックバック