新GoogleマップをiPhoneに取り込む

新Googleマップで作成したルートをiPhoneのCyclemeter GPSに取り込んでみました。
昔からやってた事ですがGoogleマップが新しくなってからは、マップ(ルート)作成がイマイチ使いづらくなったため、最近はあまり取り込んでいませんでした。

昔のGoogleマップならば、スタート/目的地点のルート検索した後に、途中のルートを簡単に修正して、その結果を簡単にkml形式(Cyclemeter GPSが認識できる形式)にエクスポートできてたように記憶してます。

新しいGoogleマップはルート検索した後の修正がうまくできません。
「車」で作成したルートについては、(たぶん)車が通れる道にしか途中地点を変更ができないし、「徒歩」で作成すると、今度は獣道のようなルートを勝手に作成して修正ができなかったり。
「自転車」っていう項目があったけど、まだサポートしてないようだしね。

SAITAMA CYCLE EXPO 2015で『巨木の里MAP』という興味をそそられる都幾川のパンフレットをもらったので、何とか新Googelマップでルートを作ってみました。
画像


 ニューサンピアおごせ → 大イチョウ → 大カヤ → 児持杉
 → 多羅葉樹 → スタジイ → ニューサンピアおごせ の約25Kmです。

Googleマップでのルート作成



なんども失敗しながらGoogleマップでルートを作成します。
画像


KMLへのエクスポート



『レイアを追加』メニューの右端にある縦に3つ並んだ”・”をクリックするとKMLにエキスポートというメニューがあるので選択します。
続けて表示されるダイアログで出力するレイアを選びます。
「地図全体」を選んじゃうと色んなレイアがエクスポートされちゃうのでご注意を。
画像


KMLファイルへの変換



先ほど、KMLへのエクスポートを行いましたが、実はKMLではなくで”KMZ”ファイルなのです。(Googleに騙されちゃイケマセン)
画像


一旦、エクスポート(KMZファイルをダウンロード)してから、拡張子”.kmz”を”.zip”に変更します。
画像


ZIP(圧縮)ファイルとして解凍すると、解凍されたフォルダの中に”kml”ファイルがあるじゃありませんか!
Cyclemeter GPSにインポートする場合、半角英数字のファイル名じゃないといけないので、適当な名前に変更します。もちろん、拡張子は”.kml”でね。
画像


Cyclemeter GPSへのインポート



KMLファイルを添付してiPhoneにメールしましょう。
iPhoneで添付ファイルをタップして「Cyclemeter GPS」で開くを選択するだけ。
画像


Cyclemeter GPSが起動してインポートが始まります。
「パス」を選択して「名前」を変更します。ここでやっと日本語名のマップにすることができる。
画像



春に備え、都幾川巨木ルートを何本か作っておこうか。


人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ガーミン帝国に入れば、こんなに苦労せずにもっと簡単にルートを作れるよ!
って方もポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • モッパー

    私はルート作成/管理はルートラボ派です。iphone でルートラボの web アプリでトラッキングできるし、iphone アプリの「ルータン」でトラッキングする手もあるので。あと iphone アプリ「Geographica」はオフライン地図あるので山では重宝してます。Geographicaはルートラボ直接参照ではないですが、ルートラボ kml ファイルのインポート出来ますよ。
    2015年03月09日 20:35
  • イガイガ

    ルートラボってイマイチ使い方が分からないんですよ。
    (´∀`*)ゞ

    スタートとゴールをクリックした後に、中間点を追加(経由点の変更)する方法が分からない。普通にクリックしちゃうと、そこが新たなゴールになっちゃうし。
    使っていくうちにイライラしちゃいます。
    Windows版だといいんですかねぇ。。。
    2015年03月09日 21:48

この記事へのトラックバック