新型MacBook が面白い

無駄な部分を全て削ぎ落とし、必要なものしか搭載していない。
ポートもUSBポート一基のみだ。
しかも、タイプC。
電源ポートも兼ねている。
CPUは省電力型のCore Mプロセッサー。
Airよりも非力だ。

しかし、Retinaディスプレイを搭載し、キーボードも刷新して大きくなり、タッチパッドも新しくなったにも関わらず、重さは0.9Kgに抑えられている。

1台目のパソコンには向かないかも知れないが、持ち歩き用には最適である。
ドヤラー…、いやいや、日本人が求めていた物の答えの様な気がする。

30年前くらいだろうか。
小型PC全盛期の頃、TOSHIBAさんがDynabookを出して一斉を風靡した頃を思い出す。
Dynabookに続けと言わんばかりに日本の各PCメーカーが、こぞって小型で横長で軽量なPCを発表した。

Apple信者な私にはMacでも発売されないかなと密かに期待したもんである。

だが、その当時のAppleの回答としては、フルサイズのキーボードしか作らない。
打ちにくい小型のキーボードは作らない。また、ノートだからと言っても機能を削る事は無いと言っていた記憶が蘇ってきた。

以降、Appleはフルサイズのキーボードを持つノートを出し続けた。
当時のAppleのノートはデザインは素晴らしいものの、デカくて重かった。

新型MacBookをみると、Appleがいいたかったのはこれではないだろうかと思う。
画像

小型化を優先するあまり、USB-Cポートしかない。
それは今だからできることだ。
 InternetはWiFi接続。
 外付けDiskもWiFi接続。
 印刷もWiFiでOK。
 ソフトのインストールはネットからのダウンロード。CDからのインストールなんて古いのだ。
(私のMacBookにもCDドライブは付いてないが、全然不便ではない)

無駄、いや、不要な部分を削ぎ落としたら薄さをと軽さを手に入れる事ができた。


人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。Appleマニアの戯言です。ポチッとしなくても良いカモ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック