通勤電車の中で坂バカルートを作るには?

決して坂バカでは無いのですが、巨木に会いに行くには坂を越えなきゃいけないのです。
仕事がどんなに忙しくて帰りが遅くなっても通勤電車の中では週末の坂…いや、巨木巡りのルートの事ばかり考えてます。

皆様は通勤電車の中で、どの様なツールを使ってルートを作っていますか?
ルートラボですか?
Googleマップですか?
ルートなんか作ってないわ!
って?

私はMaps 3Dを使ってます。
画像

選定条件としては、ルートデータをサイコンアプリCyclemeter GPSにインポートできる事。そして操作が簡単な事。

Maps 3Dですが、トレッキング用のログ収集アプリにルート作成が可能になった感じのアプリです。
標高がリアルタイムに表示されたり、3Dマップ表示ができるので起伏を確認しやすかったりします。
また、GPSを使ってトレッキング結果(走行距離、速度、高度等)を記録してくれます。
もちろん、自転車や車での利用も可能ですが、センサーとのリンクは出来ないのでケイデンスは測れません。そのためルート作成と割り切って、サイコンアプリとの連携をするのが良いかもです。

問題は、ローカライズされておらずメニューが英語のままなので分かりにくい。
また、Mapが見にくくて思う様に道が探せなかったりします。

でも何よりもルート作成が楽なんです。
Googleマップもルートラボも、地図上でクリックした位置にポイントを置き、ポイント間のルートを引いてくれます。また、地図を動かす時や拡大縮小する時も地図上のドラッグ操作で実現したりします。
この時、間違ってポイントを置いちゃうことが多々あるんですよね。
その度にポイント消す作業が鬱陶しくて。
そもそもiPhone版アプリではルートは作成できないですけどね。

Maps 3Dは操作が逆というかシンプルというか。地図上では地図の移動、拡大縮小のみ。
ポイントを置くには画面下の専用ボタンを押しますという操作性。
これが慣れると楽なんです。
iPhoneアプリとして考えられた操作性です。
#価格は忘れた(^^;;

①メニューから「Plan a Route」を選択してルート作成モードにします。
画像

②地図上のカーソル(+)の位置は固定なので、カーソルの中心に道(ルートポイント)が来るように地図を動かします。
画像

③画面下部のプラスボタンを押してポイントをセット。ザックリで良いんです。
画像

④右下の赤いルート作成ボタンをクリックすると道なりにルートを引いてくれます。
画像

画像

⑤出来上がりです。作成したルートを確認するため、3Dマップをグリグリしながら暫し妄想タイム…。
画像

画像

⑥さて、ここからがCyclemeter GPSへのインポートです。まずはTrack List上のの[i]ボタンを押してルートの情報を表示し「Share + Email」を押します。
画像
画像

⑦Email GPXを選択して自分にメールしましょう。
画像

⑧メールが届いたら添付されているファイルをタップして「Cyclemeterにコピー」を選ぶとCyclemeter GPSが起動されてインポート画面が表示されます。
画像

画像

画像


完成です。
画像


どうです?簡単だったでしょ……。通勤時間が1時間あれば2、3本いけちゃいます。

通勤電車内ので暇つぶしにはもってこいです(^^;;



人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • モッパー

    わぁ、これ正に私が探し続けてたものです!!!
    単に iPhone でルート引きたかっただけですが中々良いものないんですよねー。おまけにグリーンラインぐりぐり3Dは感激ものです。
    2016年05月24日 13:23
  • イガイガ

    モッパーさん。喜んで頂いてありがたいです。記事にした甲斐がありますワ^ - ^
    グリーンラインも白石峠も堂平山もグリグリで気持ち良いですよね!

    ただ、記事にも書きましたがマップがショボいので白石峠を探すのに苦労します。
    Googleマップレベルになると良いんですけどね。
    2016年05月24日 22:56

この記事へのトラックバック