椚平の烏帽子岩(エボ岩)を訪ねて

今日は椚平を満喫してまいりました。
多分、こんな場所に行くのは私だけかもしれません。

ときがわ町には巨石が多く存在しています。
男鹿岩、女鹿岩。林道梅本線には巨石街道という怪しげな岩がたくさんある林道があったりします。
今回は林道泉川線の奥にある烏帽子岩を目指しました。
画像

泉川線は、奥武蔵中級コースのいろは坂に向かう林道といった方が分かりやすいかな。
行きは寄り道して、いろは坂を登り、さらに激坂のオプション坂を登りきったら左に曲がります。
しばらくするとダート道が現れますが、我慢して約800mくらい進むと林道泉川線にぶつかるので、そのまま進みます。
画像
画像
画像

#ちなみに林道泉川線はずーっと舗装されてます (^^;;

そこから約1Km先に烏帽子岩があります。
画像
画像
画像

こりゃぁデカイ!
今にもずり落ちてきそうな感じが恐ろしいです。
#しかし、これが烏帽子の形???
という疑問はその大きさとロケーションに免じて許します。

その先にも〆縄ががある岩がありました。
画像

何かの形に見える・・・
・・犬が上むいている様に見えてしまう。

鳴岩の滝もあった。
画像
画像

”昔は滝に落ちる水の音がこだまして、岩が鳴動しているような様からつけられた”そうです。
水の勢いはありませんが、両脇に岩が迫っている中を流れるのを見ると分かり様な気がします。

帰りに姥樫(うばっかし)という奇木に会いにいってきた。4年ぶりでしたが怪しさは変わっておらず元気(?)なままで安心しました。
画像
画像


林道泉川線は荒々しさが残った林道。
残念なのは行き止まりなんですね。
あと500mくらい進むことができれば奥武蔵グリーンラインの橅峠辺りにぶつかりそうなんですが。
残念です。
でも、そのために人や車や自転車乗りがあまり来ないので荒々しい自然をユックリ楽しめることができるのかもしれません。
そう思うと残念じゃないかな。

PS
山の上でラーメンを作ろうと思ったら、割り箸が入ってなかった。
ザンネーン!


人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック