サイクルキャップ を作ろう!

気に入った布を買ってきてサイクルキャップ を作っちゃえ。
最近、サイクルキャップ 作りにハマってます。

◼️型紙
頭の周囲、トップ(耳から耳まで)の長さを図り、それに合うようにトップ、サイド、ツバの3つの型紙を作ります。サイドを半円形にするキャップもありますが、ここは自分の頭の形と相談です。
私は先を長くして後頭部をやや平らにする事にしました。
01型紙.jpg
02IMG_0386-1.jpg
...絶壁頭かーい(T ^ T)

A4の紙や広告を使って何度も作りなおす事をお勧めします。
最終的には工作用紙に転記して切り抜きます。この時、縫い代用の枠(5〜10mm)も作っておきます。
それにしても絶壁だな。

◼️デザイン決め
縫い代用の枠(型紙)を使って、どの部分を切り抜くかを決めます。
03IMG_0308-1.jpg
今回の布は動物がパターン化され連続して配置されているのであまり神経質にならなくていいですが、デザイン性がある柄だとこの「デザイン決め」が重要になります。
特に正面に来る柄を何にするかがセンスの分かれ道。
IMG_0309-1.jpg

◼️縫う

型紙に沿って布を切ったら縫い合わせます。
この時、マチ針をしっかり打つことが大事です。
08IMG_0354-1.jpg
08IMG_0355-1.jpg
もし、手ぬぐいのような薄い布を使う場合は裏地の芯材を貼り付けるのが良いでしょう。
06IMG_0306-1.jpg

◼️ツバを縫う

まずはツバの心材を選びます。
硬い布のような心材。
04IMG_0305-1.jpg
今回は100均のセリアで売っていたプラスチックのような心材を使ってみました。
これは厚さ0.35mmの薄くて丈夫な物。
05IMG_0352-1.jpg

心材を入れてツバを塗ってから裏返します。
また、ツバは心材が浮かないように2、3本縫っておきましょう。
07IMG_0353-1.jpg


続いて、ツバと本体を裏側から縫い合わせます。
ツバと帽子の中心を合わせて仮縫いしてからミシンで縫います。
ツバは一番カーブがキツい部分なので、マチ針で止める方法だと針の本数が多くなってミシンが縫いにくくなります。仮縫すればズレることもなくミシン縫いが楽になりますよ。
09IMG_0356-1.jpg
10IMG_0358-1.jpg11IMG_0359-1.jpg


◼️縫い代の後始末

縫い代の後始末のやり方は色々あるようですが、両折のバイアステープで押さえ込んでみました。
この場合、縫い目とバイアステープ の中心を合わせないと仕上がりがみっともなくなるので仮止めが重要になります。マチ針や仮縫いも試したんですが「裁縫じょうず(ボンド)」で接着するのが一番簡単で綺麗に仕上がります。
「裁縫じょうず」は便利ですよ。
13IMG_0365-1.jpg15IMG_0367-1.jpg
縁は折ってアイロンをかけておきましょう17IMG_0372-1.jpg

◼️ゴム留め&綾テープ留め

ゴム留めする辺の約2/3の長さにしてみました。16IMG_0370-1.jpg
留める場所が15cmなのでゴムの長さは約10cmです。ゴムの強さは好みがあるので色々試してみるのがいいですね。
まずは両脇を止めて、引っ張りながら綾テープを縫い付けます。IMG_0375-1.jpg
そのまま綾テープを一周縫っていきます。
18IMG_0373-1.jpg19IMG_0374-1.jpg

◼️出来上がり

さぁ、出来上がりです。
DSCF8339-1.jpgDSCF8336-1.jpgDSCF8337-1.jpgDSCF8344-1.jpg
5個目にして、まぁまぁ満足するものが出来上がりました。
慣れですかねぇ。

コツは何かと聞かれたならば
失敗作でもいいので最後まで作りきること。最後まで作ると細かい部分や全体の工程を通じた反省点が見えてきます。
失敗した時、初めからやり直しているとそこまでの工程の反省しか見えませんからね。
さて、次はどんな柄にチャレンジするかな。




人気ブログランキングへ

ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

この記事へのコメント