めざせ!クロスバイカー

アクセスカウンタ

zoom RSS ボントレガーのホイール・グリスアップ

<<   作成日時 : 2016/10/31 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ボントレガーのホイールにはDT Swissのハブが採用されている。
画像

このハブはメンテナンス・フリーという噂がある。
分解も簡単という噂もある。
  :
  :
なぜ「噂」っていうと、あまり情報がないのだょ。
Google先生で色んなキーワードで検索するものの、あまり満足するページがヒットしない。
ヒットしても「簡単」とか「ラチェット音を小さくするためにグリスアップした」とかの情報しかないわ。
本質に欠けている。

DEFY3君にWH6700を履かせていた時は、3000Kmも走れば回転が渋ってグリスが真っ黒けになるので、
  分解してベアリングを綺麗にして
  グリスアップして
  ゴリゴリ玉押し調整して
  あ〜面倒くせー!!
   って言いながらも楽しんじゃいました!

っていうブログが見つかりません。404 Not Found 状態だわ。

グリスアップして走行性能をアップさせる方法はないの?
DT Swissのハブは高性能なのでグリスアップ不要なのか。
交換は難しいのでショップに任せればいいのか?

埒が明かないので、ちょっとだけトライしてみました。

キャップを思いっきり力を込めてスポッと抜きます。
画像

もう一方はアーレンキーなどで突っつくと簡単に外れます。
画像

ゴムのOリングがあるせいか中は綺麗です。
画像

どこをどのようにクリーニングすれば良いの?
ってか少しは綺麗にさせて〜! というくらい綺麗です。

残念ながらベアリングまでたどり着くことができませんでした。
普通、ベアリングのグリスアップって必要だよね??
グリスアップした〜い。


そういえば、もう時期、入間航空祭ですね。ベランダで作業してたらブルーインパルスがうるさいの何のって。
画像


★2016/11/4追記
TREKさんに聞いてみた。
ーーーーーーーーーーー
ハブベアリングは工業用のカートリッジタイプの物を圧入する構造になっております。
基本的にどれもグリスアップ出来ない構造になっております。
ベアリングが消耗するなどした場合、専用の工具などを使って抜き取り、専用の工具を使って打ち替えていただく事になります。
ベアリングシールを取り外すなどして作業をされている方もおられるようですが、メーカーとして推奨はしておりません。
ーーーーーーーーーーー
との事。
自分ではメンテしないほうがいいようです。
ラチェット音を小さくするくらいかな。



人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の NOVATEC SPRINT もメンテについての情報が殆どないんですよ。自動車と同じでなんでもアセンブリー交換です的な世界になってるんでしょうか?だとしたら、僕はそれは悲しいと思うタイプです。
モッパー
URL
2016/11/05 18:53
私もパーツ1つ1つを分解・交換していきたいタイプです。プロにお任せする方が確実なんでしょうけど、何か物足りないです。
とりあえずラチェットのグリスアップぐらいで我慢しようかと思います。
イガイガ
2016/11/06 07:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人気ブログランキングへ
ボントレガーのホイール・グリスアップ めざせ!クロスバイカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる