購入メモ 【非純正Lightningケーブル】

iPhone5用の純正Lightningケーブルは何であんなに高いんだろか。

たかだか充電等に使うケーブルだが1800円もする。
家用、会社用さらに自転車用に揃えたら馬鹿にならない。

そこでサイクリング時の充電用に780円の怪しいケーブルを買ってみた。
画像





iPhoneのケース(バンパー)を使っているのだがケーブルが太くて入らない!
前に非純正のコネクタを買ったけど、これも入らなかった。またか...。
画像

仕方ないので、バンパーを削ってみたが、今度はちょっとキツ目である。
差し込み口が壊れてしまうのではないかと心配。
画像


ここでサイズの比較。
非純正品
 コネクタ部:6.6mm、カバー部:8.6mm
画像

純正品
 コネクタ部:6.2mm、カバー部:8.5mm
画像


なぜ、こんな事が起こるのだろう?
たぶん、想像するにAppleは、Lightningケーブルの規格を高め、まがい物・粗悪品を排除しようとしたんじゃないかと思う。
iPhone4までのケーブルよりも、小さくて繊細な感じで作るのが難しそうだし。
よく見ると仕上げが全然違うしね。さすが非純正品。
画像


とは言っても庶民としては安いものが欲しい。
充電は出来ている様なのでしばらく使ってみる事にするが、やっぱり純正が良いのか?
Appleの術中にはまってしまいそうだ。
画像



人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。純正品をポチっとするかぁ。

この記事へのコメント

2013年02月26日 21:00
3ケ月くらい前に 秋葉原 IKESHOP で買ったもの使ってますが、コネクタ部は同じくらい太めでカバー部はもっと巨大です。今日 IKESHOP のホームページ見ると「純正品と同じ仕様で作られた」ものになっていて写真を見る限り私が買ったものよりカバー部は小さくなったようです。私も初期に純正品1本買ってますので、何らかの謀略を感じるのは同感です。
イガイガ
2013年02月27日 18:40
モッパーさん。
やっぱり、今回のLightningケーブルはApple社の策略ですかね。
今までのケーブルでも十分使えたはずだし。今までのケーブルなら100均でも売ってたしなぁ…

難しい仕様にして、業者を選別したいとしか思えん(`O´*)

この記事へのトラックバック