Googleマップが使いやすくなった?

Googleマップが使いやすくなった気がする。
自転車のルート検索の定番(?)は「ルートラボ」だと思います。
色々なルートを参照できるし、作成も出来る。
高度も分かっちゃうし。
走行中のルート案内にも使えます。
ルートラボ先生は万能なんですなぁ。

でも、私はルート作成に関してはGoogleマップ先生の方が好きなんですワ。

・起動時のマップ位置
ルートラボの場合、千代田区近辺の地図が表示されるので、いちいち自宅近辺まで地図を移動させる必要があります。Googleマップの場合、自宅を中心としたマップが表示されるので無駄な操作が必要ありません。
もしかしたら、ルートラボの設定が足りないだけかもしれませんが…。
・地図の表示エリア
地図の表示エリアはGoogleマップの方が断然広くて見やすい。
・ルート作成のしやすさ
これはどっちもどっちな感じだったかな。
あくまで私の主観ですが。
ルートラボはポイントをクリックしていくだけで、どんどんルートを作成してくれるけど、途中にポイントを追加/変更するのが面倒な感じがする。
また、地図表示エリアが狭いので、長いルートを作成する時は、地図のスクロール操作が多くなる。
Googleマップは、ルートラボと同じ様にポイントをクリックするだけでルート作成ができ、途中のポイント追加/変更が楽。

また、以前はルート検索した結果の一部(ポイント)を修正することが出来無かった気がしましたが、できるようになったのもオススメポイントだ。

1.ポイントを指定


まずは、Googleマップのマイマップ作成モードになり、スタート、エンドポイントを指定します。
画像

2.ルート検索


ルート検索ボタンをクリックした後、先ほどのポイントをクリックしてルート(A地点、B地点)に加えます。
画像
画像

3.ルート変更


途中のポイントをドラッグするとルートが変更出来ます。
以前は、これが出来無かったような気がした。(忘れてるだけかもしれない)
そして「KMLにエキスポート」を選択
画像


4.KMLエキスポート


以前は「KML」にエキスポートと言っておきながら、「KMZ」ファイルにエキスポートされていた。
この辺りは明らかに改善されたようだ。
画像

5.インポート


出力したKMLファイルは、iPhoneアプリ「Cyclemeter GPS」にインポートすることが可能。
今日は、ルートラボにインポートしてみた。
画像

ルートラボならば高度表示もできて便利です!
iPhoneに表示してナビもできるしね。


って、最初から、ルートラボで作れば良いじゃん! (爆)


人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック