山パスタ・マスターへの道は険しいゾ

山でのパスタ作りに失敗しないようベランダで特訓してみた。
(何やってんだか・・・)

用意したのはカルディの生パスタ フィットチーネ(5分)タイプです。
カルディの普通の生パスタは人気があるらしく、店頭に並ぶと直ぐに売り切れるらしい。
netで買うと130円の品物に対して送料600円もかかるので馬鹿らしい。
こまめにお店に足を運ぶしかない。

お題は『茹汁を残さずに茹でる事』山では捨てられませんのでね。

画像


1回目:茹で時間7分、水220ml、弱火



画像

画像

画像

⇒水の余り50ml。 モッチリ感が少ない。しかも粉っぽい感じ。
画像

画像


2回目:茹で時間9分、水190ml、強火



画像

画像

⇒水の余り無し! しかし、これもモッチリ感は少ないなぁ。

3回目:・・・・


もう食べれません

たっぷりのお湯があれば5分でモッチリと茹でられると思うが少ない水だと難しい。
多めのお湯で強火で5、6分茹でて、弱火にして水を飛ばすまで茹でると良いかもしれない。
今度試してみよう。
それと茹で汁をパスタに吸わせてしまうことになるので味が変わってしまっているな。
ソースをクリームやミートソースの濃い味系にすいればいいか。

普通の生パスタや乾燥タイプのパスタだと、また違った結果になったカモ。

今日の結論。
素人は生フィットチーネに手を出さないのがいい様だ。


人気ブログランキングへ
ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえるとありがたいなぁ。

この記事へのコメント

2018年01月21日 20:57
えっ!調理道具と食材背負ってチャリ漕ぐんですか?
イガイガ
2018年01月22日 00:35
はい。SOTOの調理器具セットを買っちゃいました。
山頂でラーメンを食べたりします(^^;;
そういえば、山と言えばだいぼーさんですよね。良い食材あります?

この記事へのトラックバック